未来の課題をデザインで解決する

募集を締め切りました。

多くのご応募をいただき、ありがとうございました。

About Future Design Challenge

About i-PRO

パナソニックi-PROセンシングソリューションズ株式会社は、セキュリティ監視、パブリックセーフティ、そして医療用イメージングの各分野に欠かせない、センシングソリューションの世界的なリーディングカンパニーです。パナソニックにおける60年以上にわたる数々のセンシング技術とイノベーションを継承し、2019年に設立されました。


私たちは、一瞬も見逃さない高度なセンシング技術とあらゆる環境に対応する信頼性の高いソリューションで、人々の命を守り救うプロフェッショナルをサポートし、より安心安全な社会の実現に貢献します。

未来というコトバには明るい何かを想像するかもしれません。もしくは「前に進む」という行為は事はポジティブなものと捉えられるかもしれません。いまを生きる我々に様々な「課題:Challenge」が日々差し迫ってきますが、未来にも同じ「課題:Challenge」が存在しうるのは容易に想像が出来ます。Future Design Challengeではデザインという力で、未来に発生するかもしれない新たな課題の解決にチャレンジしていく取り組みです。

スケジュール

7月8日

8月31日

9月1日〜10月31日

11月18日

応募開始

応募終了

審査期間

最優秀賞・優秀賞発表

2021 Theme

Awards

テクノロジーが発展しすぎた未来社会の犯罪を解決する

¥300,000

JPY (およそ$2,700 USD)

(1名もしくは1グループ

  • 受賞証
  • プロトタイプ制作共同検討(i-PROエンジニアとのミーティング設定)
  • 審査員とのメンタリングセッション
  • メディア掲載

未来の社会に進むにつれ当然ながらテクノロジーの発展は必要不可欠なものとなります。しかし発展しすぎたテクノロジーは果たして人類が使いこなせるものなのでしょうか?日本における刑法犯は戦後最低を記録し、治安が向上しているようにも見えますが、特殊詐欺は増加しているなど、巧妙化しているとも考えられます。となると便利であるテクノロジーは一転犯罪に使われる可能性もあります。


もしかしたら。デザインの力でテクノロジーが発展しすぎた未来社会の犯罪を解決できるかもしれない。Future Design Challengeではi-PROとともに問題解決に取り組む世界中の若い才能あふれるクリエーターとイノベーターによるアイデアを募集します。

¥100,000

JPY (およそ$910 USD)

(2名もしくは2グループ

  • 受賞証
  • プロトタイプ制作共同検討(i-PROエンジニアとのミーティング設定)
  • 審査員とのメンタリングセッション
  • メディア掲載

※米国ドルの賞金はあくまで掲載時の為替レートから簡略的に提示している参考金額であり、実際の金額と異なる場合があります。

※賞金は受賞者が保有する口座の現地通貨に換金されたうえで入金される場合があり、賞金金額が変動する可能性があります。

※賞金は、日本及び送金先地域の税制に応じて、源泉税等の税金を控除した金額をお支払いします。

Submissions

本チャレンジは、デザイナー、エンジニア、起業家、あるいは企業や組織など、あらゆる方々に開かれたものです。今年度のFuture Design Challengeのテーマに即したイノベーティブなデザインコンセプトの提出をお願いいたします。


応募フォーム各項目及び、提出物での利用言語は英語とします。

英語での作品制作、フォームへのご記入をお願いいたします。


What we're looking for:

  • コンセプト名称 *
  • コンセプト概要説明 *
  • ビジュアルコンセプト(スケッチ、写真、デザインファイル等) *
  • ピッチプレゼン (レポート、ビデオ等) *

ファイルはGoogle DriveやDropboxといったクラウドサービス上にアップロードし、そのリンクを提出いただけますようお願いいたします。 *


* アイディアは無形有形を問いません。どんなデザインも対象です。


提出後の差し替えは可能です。再度応募フォームからご応募いただき、差し替えである旨を記入してください。

応募点数に制限はありません。一人何点でも応募することができます。


質問等がございましたら info@futuredesignchallenge.com までお問い合わせください。

作品の例

FAQ

よくあるご質問

参加費はかかりますか?

無料でご応募いただけます。本コンペへの応募にお金は一切かかりません。

日本語での応募は可能ですか?

提出物はすべて英語での提出をお願いしております。

複数人での応募は可能ですか?

はい、可能です。チームの皆さんで出し合ったアイディアをご提出いただけます。また、チームの人数に上限はありません。

学生なのですが、参加は可能ですか?

もちろん可能です。本コンペは、学生の方からビジネスパーソンの方まで、どなたでもチャレンジいただけます。デザインに興味がある、解決したい社会課題がある、という方の挑戦をお待ちしています!

パナソニックi-PROのサービスや商品に関連したコンセプトでないといけませんか?

コンセプトは自由で、カテゴリーや形式等の制限はございません。未来に起こりうる課題を定義した上で、それを解決できるコンセプトのデザインしてみてください。

コンセプトを一度提出した後に、再提出することは可能ですか?

応募期間内であれば、再提出は可能です。その際は、再提出、あるいはコンセプトの差し替えである旨を応募フォーム内でひとことお知らせください。

他に質問ある場合はどちらに連絡したら良いでしょうか?

他に質問等がございましたら気軽に info@futuredesignchallenge.com までお問い合わせください。

プライバシーおよび個人情報の保護に関する方針

本デザインコンペで応募者からご提供いただく個人情報は、応募受付や問い合わせ、審査、審査結果通知、その他運営業務(以下、あわせて「運営業務」といいます。)で必要と思われる事項のみに利用させていただきます。


ご本人の承諾なしに、運営業務以外の目的で個人情報を利用または第三者に提供することはいたしません。


その他、個人情報の取り扱いにつきましては、運営事務局であるビートラックスジャパン合同会社の「プライバシーおよび個人情報の保護に関する方針」に基づき管理し、当該方針に基づき、主催者であるパナソニックi-PROセンシングソリューションズ株式会社およびそのグループ各社は、運営業務に必要な範囲内で取り扱うものとします。

諸注意・権利規程

(1) 作品の応募において、あらゆる詐称行為を禁⽌します。

(2) 応募作品は、応募者自身のオリジナルで国内外未発表のものに限ります。

(3) 応募作品は、応募時に他のデザインコンペや企業等に提案する予定がある、もしくは、既に提案済みではない作品に限ります。

(4) 応募者は、応募作品が知的財産権を含む第三者の権利を何ら侵害せず、侵害のおそれがないことを表明し、保証します。

(5) すべての応募作品の特許、実用新案、意匠、商標、著作権に関する権利は、応募者にあります。従って、これを保護する責任は応募者本人にありますので、応募の際は、必要に応じて権利保護等の措置を講じてください。

(6) 応募作品が、既発表のデザインと同一または酷似している場合、あるいは第三者の知的財産権の侵害となる場合は受賞発表後であっても受賞を取り消すことがあります。

(7) 応募者は、応募作品が、応募者以外の第三者が作成した素材(美術・写真・フォントなどを含みますが、これに限られません。) を含む場合、応募者自身の費用と責任で、当該第三者の許諾を得る等、権利処理を行うものとします。

(8) 主催者および運営者は、応募作品が第三者の権利を侵害し、または侵害するおそれがあると判断した場合には、審査対象外とすることができます。

(9) 応募者は、応募作品に関し、第三者から主催者および運営者に対して、権利侵害等の主張がなされた場合、応募者は自己の費用および責任で対応するものとし、主催者および運営者は何ら責任を負わないものとします。

(10) 応募者は、主催者が、第三者からの権利侵害等の主張に基づき、損害賠償、費用負担等をした場合、名目を問わず、これを全額補償するものとします。

(11) 応募作品の展示・発表に関する権利は主催者が保有いたします。

(12) 商品化された場合は、応募者と主催者間でロイヤリティ等について別途、調整・協議を行います。

(13) 審査結果の通知後、指定日までに連絡がつかない場合、受賞を無効とさせていただくことがあります。

質問等がございましたら info@futuredesignchallenge.com までお問い合わせください。

Presented by

Hosted by

このチャレンジを紹介する

Copyright © 2021. All rights reserved.